ぼんちゃんの通院とオヤツタイム

20170915
ぼんちゃん
病院に行き始めてから1ヶ月たちました

ウンコも出ているし
食欲は全く衰えていないんですが
じんわりお腹が大きくなってきています

週一で受けていた高圧電位治療は
残念ながら効果がないようなので中断
内服薬だけ継続で後は自宅療養です

毎週とっ捕まえて
病院に連行してたのに
オヤツの時には屈託なく手の平に来てくれる
ありがたや
捕まえる手とオヤツ皿の手は別物という認識らしい

オヤツタイムに
手に乗ってる時間が一番長いのは
実はぼんちゃんです
なみちゃんが
落ち着きなくあっちこっち
ふうときくは追い出されたりするのに
なぜかぼんちゃんには負けていて
追い払えないのです(^_^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ぼんちゃんの弱点

201709121
頭のてっぺんからなら
指を近づけても気づかれません

朝とかちょっとボンヤリしてる時なら
触れてしまいます
嫌そうに頭をそらされますけど

この梵天羽
一番のチャームポイントの
お目々がよく見えないじゃないですか!

トランプ似とか言われちゃうし(笑)
201709122
この品種を作った人とは
美意識が相容れないなぁと感じます
背中の羽衣は美しいと思うんですけどね

他から見えないということは
本人からもあまり見えてないようで
みんなで飛んだ時
ひとりだけ床に降りてくる時があるんです
他の子や止まる場所を見失っているのかも

あと、下がった羽が
目に入って
涙がでたり結膜炎みたいなのに
なりやすいとか
鼻の穴に入って
鼻炎になりやすいとかが
梵天羽の注意ポイントなんだそうです
今のとこぼんちゃんはそういうのはないけど
気をつけなくちゃと
見えにくい目と鼻をジィ〜とのぞきこんで
嫌がられています…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お座り台のふうちゃん

20170908
平らなところに乗ってて気になるのは
ふうちゃんの足の指
左の指がうまく開かなくて
腱が切れているかもといわれていたけど

いつのまにか開くようになってます
100%ではないけど前2本の指は
ほとんど普通に伸びている

後ろの長い方、第4肢の爪の付け根だけは
どうしても曲がってしまうので
爪が足の裏に刺さりそう…と思って
こないだ捕まえて爪切りしてみました
すごい勢いで咬まれました
でもその後もオヤツの時間は
いつも通り手に食べに来てくれます

きくぼんが来てからのふうちゃんは
よく歌うようになったんですよ
以前より大きな声で
きくぼん寄りのお座り台に止まって
熱心に歌いかけています
…誰に??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふうちゃんの昼寝

20170907
お昼寝中のふうちゃんは
ドンドン頭が下がってきて
足元に頭がくっつきそうなくらい

もしかしてヒナ寝がしたいのかと
お座り台を入れてみた
無視されること数ヶ月
やっと乗ってくれるようになったけど
まだヒナ寝には至っていない

この手のはすぐウンコまみれに
なるのが難点ですね
洗い替えが3つくらいほしい

ところで今日はじめて
突然ふうちゃんが頭に乗りました!
いつも通りなみちゃんだと思ったら
棚の上にいるし
頭の上から飛び立って戻っていったのは
ふうちゃんだった驚き

なみのマネしてごはん早く!って
言いに来たらしいです
私のとこに来るといいことあるよって印に
野びえをひとつまみプレゼントしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この頃のぼんちゃん

20170902_2
先日新しく入れた止まり木が
お気に召さないようで
ペレット入れにおまる乗り

それから止まり木変えても
おまる乗りしょっちゅうやるようになっちゃった

もしかしてその上だとお尻が当たらなくて楽とか
ウンコが出しやすいとかなのか?

中味のペレットが入ってるうちは
やらなくて
なくなってから
心ゆくまでウンコ入れる
賢いなぼんちゃん

尿酸の色が黄色っぽくて
肝臓に負担がかかっているか
少し内出血しているかもしれなれいと
言われていたのですが
白っぽく戻って来ました
止血作用のある薬も入ってるそうなので
効いてくれたようです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小鳥のアートフェスタin横浜

20170901
今年の戦利品です♪
「もも福」さんの白樺止まり木
…最近自然木止まり木のコレクターと化しつつあるな…

「ことりカフェ」のカレンダーが無くて残念
売り切れたのかまだ出てないのか
例年より少し早いのでまだだったのかなー?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

も一つ出来ること?

20170830
それは
高圧電位治療
なんかねー体のまわりに電圧かけるんですってー
なにそれ、訳分かりません
解らないけど
血行が良くなったり体が暖まったりするらしい
血流改善は腫瘍が大きくなるのを押さえる効果が
あるかも知れませんとか
効くかどうかは個体差大きいけど効いた子の中には
腫瘍が縮んだ子もいますよとか
そんなふうに言われたら
やるしかないじゃないですか

正直とっても胡散臭いと思うんだけど
まぁ体に害がないならいいか
というわけで
その謎装置に
ぼんちゃんを託して20分
本鳥は電圧が発生するとかいうマットの上に
ケースごと乗っかるだけです
気持ちよさそうにおとなしくしてましたよーって
そりゃあれだけ暴れた後だから…
それで暖まったら眠くなるでしょうね

これで腫瘍自体がどうこうなる気はしないけど
暖まって血行が良くなって
ぼんちゃんも気持ちいいならいいか
もしかして効くかもだし
という気持ちでしばらく週一で試してみることに
ううむ、これって
飼い主に対するプラセボ(偽薬)なのかな
出来ることあるよっていう精神安定剤的な?

病院行く時
京浜急行に乗るんだけど
京急百貨店でやる小鳥のアートフェスタ
の中吊り広告見ました
8月31日からですって、明日からですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

精巣腫瘍のこの先は

201708262
この先どうなるのかな
そらとりくの時
お腹がもっと大きくなって
食欲が落ちて
ウンコが出なくなってから
半日くらいで死んでしまいました

ウンコが出なくなった後
まだ出来ることはあったのか
ずっと気になっていたので
先生に聞いてみました

お尻に近いとこで詰まったら
絞り出します、と

上の方で詰まるのは
薬で腸を動かして押し出すしかない

滞った便から毒素が出るタイプだと
やはりもう間に合わないけど
毒素が出ないタイプなら
3日くらいフンが出なくても
大丈夫な子もいるので
その時は
胃腸を強い注射薬で刺激して
フンを出すことができるとのこと
まだあきらめなくてもいいのねと
ちょっとホッとした気持ちになりましたが

後で冷静になって考えると
それって下剤でムリヤリ出す感じかなぁと
それはそれで苦しそうだし…
1回だけで済むことではないはず
どこまで何をガマンするか、させるか
そこが考えどころ
難しいところです

そんなこんなをしつこく色々質問して
先生もじっくり丁寧に時間掛けて話してくれました
そのあいだ
ぼんちゃんは
プラケースの天井に
クチバシだけでぶら下がったり
そこから足掛けて天井歩いて一回転を何回も
ぐるんぐるん大暴れ
あーごめんね早くみんなの所に帰りたいよね
も少し待っててねーすぐ帰るからねー

なんて言いつつ
あと一つ
帰り時間がもうちょっと遅くなりました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精巣腫瘍の内服薬

201708361
ぼんちゃん
元気でごはんもよく食べてるけど
精巣が大きくなって
胃腸を圧迫してて
ウンコが出にくいことがあって
ちょっと力んだり
細長いウンコになったりしてます

なので
胃腸の動きを活発にして押し出すことと
腫瘍が大きくなるのを少しでも押さえたい

腸の動きを良くするのと粘膜を強くする胃腸薬と
消炎鎮痛剤
それに癌に効くという?アガリクス

アガリクスとかいうと
なんかバカ高いサプリというイメージで
おののいてたんですが
内服薬は
何がどれだけ入っていても
薬価にかかわらず一律
1日分or1包216円の計算でした
意外と良心的?いや量からするとやっぱ高い?

飲ませはじめて次の日からもう
細いにゅるにゅるしたのがなくなって
ころんと丸いウンコにもどりました
胃薬効いてるみたいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

精巣腫瘍の手術?

20170825
病院ではまず
精巣摘出手術の可能性について説明されました
腸など臓器の奥にあって
たどり着くのが難しいこと
奥で見えないので
手探りでやるしかないこと
そんなこんなで成功率は五分五分だと
後で調べたとこによると
もし上手く摘出できたとしても
剥がした内臓壁から出血とか
体力がなかったらそのまま、とか
手術が成功退院しても
またお腹が腫れてきたとか?!
とにかく
ちゃんとした成功率はおそろしく低い
それでも一応、ここの院長は
手術をするので選択肢だけは提示します
と、
速攻でお断りしました
以前ね
はるちゃんの長女
実家に里子に出した子ですが
甘やかされまくって
卵止められなくてヘルニアに
この手術なら数はこなしてて成功率は高いし
「命に関わるような手術にはしません」
と明言されたのに
お腹開けたら出血が止まらなくて…と
未だにトラウマです

というわけで
内科的には治療法はないので
対症療法というか
命を延ばす手助けをするだけだけど
薬ともう一つの手段を選びました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ぼんちゃんの精巣腫瘍