ご近所のチョウゲンボウ

20180617
チョウゲンボウのヒナちゃん
順調に育っているようです
ご飯くれ〜!ギャキャキャキャ〜!
の声が響き渡る時
周りを見ると
一仕事終えたお父さんが
くつろいでいる姿が見られます

でも今日はお母さんが
ごはん食べてました…!

1枚だけくっついてた風切り羽根の
色とサイズからすると
獲物はムクドリあたりかと
大半は子供にあげた残りみたいな
少ない部分をついばむ母鳥
ヒナは自分で食べられるようになったのかも知れません

そして母が留守してる巣の場所には
お父さんが入っていきました
巣立ちまでどのくらいかな?
無事育ちますように
下は夕方のお父さん
201806172

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奇跡…?

201806021
いつもは鳥棚の上にいる3羽が
めずらしく下に来て掃除中のカゴの上でまったり
この距離感から…
ふうちゃんがじわりと
なみちゃんに近づいていって
ハミハミしてもらった…!
201806022
ほんの少しの間だったけど
偶然?奇跡?
今までももしかして
私が見てなかっただけ??

…一方きくちゃんはひとり。
口説いたり口説かれたり
どついたり、邪険にしたりは
3羽まんべんなくやってるんですけどね
なかなかに微妙で難しい三角関係です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こだわりの男

201805191
ぷうぷうちゃん
葉っぱのスジは食べない男
同じ小松菜でも
苦みのある固い葉はあまり食べない
柔らかい葉だと残さず食べるのに
ペレットも好きじゃないし(食べるけど)
なんとなく
そらを思い出させるグルメ系男子です

頑固で慎重
変化を嫌う子
カゴの模様替えをしたんですが
なみちゃんのこのブランコ
201805192
同じ物入れたらえらく不機嫌で
なかなか入らないし
入っても翌朝の手のひら朝ごはん拒否
乗るのももちろん断固拒否
翌日も入るのボイコットなので
諦めて普通の止まり木に戻しましたよ…

そんなふうちゃん
この頃なみとちょっと仲良し…?
なみ「ごはんあげるよ!」
201805193
ふう「…ってくれないんだ?!」
201805194

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インコグッズ

201804271
最近入手のインコグッズ
鎌倉行くとつい寄ってしまう
若宮大路の手拭い屋さんで
オカメ手拭いのブックカバー
脱力感ただようテキトーな感じがいい♪

あとセリアで見つけた手拭い(もどき)
並んでる顔がとても好き
色がもう少しリアル寄りだといいのだけど
201804272
今日は止まり木やブランコを入れ替え
なみとふうはあまり気にせず
カゴに戻ってくれたけど
きくのために入手した「とりきち横丁」の
「落ちない階段」は断固拒否
もう3ヶ月以上そばに置いたりオヤツ乗せたりして
いい加減見慣れただろうと思ったんだけどなー
ダメですかそうですか
201804273

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒暖差とチョウゲンボウ氏

201804201
もう大丈夫だよねと
なみちゃんの温室を片付けた途端の
ひんやり天気に焦ったり
そうかと思うと急上昇
こんな時はサーモスタットが本当にありがたい
人間の方はなんとなくバテていますが
鳥たちはほぼ変わらず
元気でいてくれて助かります
201804202

ご近所のチョウゲンボウさん
久しぶりに写真を撮ってみたら旦那さんの方でした
距離があるので肉眼では分からないんですよね
201804203
いつもとちょっと違う場所にいるなと思ったら
いつもの奥さんじゃなかった
下の方では雀たちがずっと
ジキジキジキジキ!と警戒音出してました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きくの初めて

201803311
きくちゃんが初めて
ブランコに乗りました

暗い中でうっかり乗ってしまった!
って感じで本人も困ってました
この後すぐに降りてしまいました
ちょっと前までは近寄りもしなかったけど
最近、近くで昼寝してたりするので
だいぶ心を許して(ブランコに)来た模様(笑)

それからもひとつ
水飲む?って差し出した水
ちょっと飲んでからクチバシつけてプルプル
何度かやってから片足入ってプルプル

水浴び?!
なぜ今?!なんでそこ?!
直径5センチではお腹すらほとんどぬれなかったんですが
とりあえず初の自主的水浴び、かな?
この後水浴び用の器を入れてみたんですが
無視されました…

後日やっとなみが完治したので
放鳥中に水浴びの用意をしてみました
なみちゃんはいつものブラの器と違うせいかあまり入らず
ふうちゃんが両足入ってお腹もつけてパシャパシャ
でもほとんど濡れなかったという謎
きくちゃんは、
この日は気分じゃなかったのか
縁にとまって水を飲んだだけでした…
201803312

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なみちゃん元気だよ

201803261_2
なみちゃんの肺炎は
めでたく完治です!
換羽でわっさわっさ羽が抜けて
今ボサボサのツクツクなので
ちょっと微妙だけど
本人的には元気絶好調です
体重も増えてるしf^_^;

ホッとしたところで
肺炎の元になった
嘔吐の原因を考えてみました

季節の変わり目、
気温気圧の変動が大きかった影響もあるだろうけど
1番はやっぱり食べさせ過ぎだろうなーと…

1日2回のごはんは計って入れてるけど
おやつのオーツ麦は適当に出してて
この頃多めだったのが
さらにあの日は多くなって
許容量を越えたらしい
またその前段として
ダイエットの成果が出たので
ずっと減らしていたごはん、主に
シードを元の量に戻したこと
なみのごはんはシード:ペレット1:2
ダイエット中は1:3くらい

メガバク後遺症で胃腸が弱い子には
シードの粒々の消化は負担がかかるのだそうです

特にキビは
粒が大きくて
消化管の太さと同じくらいなので詰まりやすく
水分を含みにくくて消化が悪いとのこと
なので体調悪い時は
キビを抜いたごはんがいいと言われました
これからはきび少なめの
なみちゃん特別ブレンド作るかな

ところで
なみちゃんの顔が最近白いような気がするんだけど
気のせいかな
換羽で頭の羽が抜けまくってるせいかな…?
201803262

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふうちゃんはマイペースだけど

201803161
ふうちゃんは最近
なみのことがわりと気になっている
これはきくちゃんに対抗して?
次の日なみを呼びに行った時

なみちゃんは時短放鳥に抗議して
入りませんから!と頑張ったので
今週はもうみんなといっしょに出ています
だからこの写真は先週の木曜日でした

はしゃぎ回った後まったりしてるなみに
ふうちゃんは静か〜に歌いかけ
そっと足を伸ばしてみたりする…
ふうちゃんは慎重派で
人の3倍くらいの時間をかけて考えたり
行動に移したりしてる感じです
きっとその分頑固
そんなふうちゃんが
やっと自分からなみに興味を示してくれています
さて、どうなるやら…
201803162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョウゲンボウ再び

201803151
ご近所にチョウゲンボウの奥さんが
お住まいです
近所というかお隣というか真上というか
先月から時々お見かけするようになりました

早朝出勤する夫はカラスにからまれたり
キャキャキャキャと鳴きながら
飛んでいくのをよく見るそうです
この頃は昼間でも見かけるようになったので
そろそろ巣作りの季節かも
今年も元気な若鳥の巣立ちが楽しみです

それなりに距離があるのにカメラを向けると
すぐ気付いて睨まれる
さすが猛禽目がいいです
201803152
この時も嫌そうに見て(うぅごめんよぅ)
こちらを威嚇しつつ飛び去りました
201803153
なみちゃんはほぼ復活
見た目すっかり元気なんだけど
換羽始まってごっそり抜けているので
まだちょっと要注意です

それにしてもこの急な気温の乱高下
鳥の体調にも人間にもよろしくないです
花粉も酷くて
いつも飲んでるアレロックがなかなか効かない…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に焦る

201803061
なみちゃんがいきなり吐きました
オヤツのオーツ麦食べてカゴに戻ってから
気持ち悪そうにして
そのオーツを吐き散らかし
ごはんは食べられず
翌朝もがんばって食べたけどまた

あわてて病院へ
尿酸が黄色くて肝臓が?
それ以外は体重も外見的には悪くないので
レントゲン撮られると
肝臓は大丈夫だったけど
気嚢の部分が白っぽくて
いわゆる肺に陰のある状態
肺炎でしょうねといわれました
肺炎??
風邪なんてひいてたっけ…

と思ったら吐いたものが気管に入って
誤嚥性肺炎でしょうと

ならなんで吐いたのか?
このところの不安定な気温とか気圧とか
室温のコントロールもいまいちだった気もするし
この日は食べさせ過ぎたのかも知れない…(冷汗)

そういえば最近元気なんですっかり忘れてたけど
なみちゃん胃腸はセンシティブな子だった…

ネブライザーと注射と飲み薬のフルコースで
その日の夜からは
ぼちぼちごはんも食べられるようになって
翌日には尿酸も白く戻り
まずまずの回復です

1週間後の再診でまたネブライザー
もうしばらくお薬続きます
幸いなみちゃんは
こだわりなく薬水を飲んでくれる子で助かりますね
以前の白い子と違って(^^;ゞ

写真はなみちゃんを呼びに来た?きくちゃん
「まだ来ないのー?」
放鳥は短時間だけにしています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«悲鳴をあげる